お知らせ

骨形成タンパク質(BMP-2)製剤の日本での共同開発・販売権について、
韓国のバイオ企業と独占的に締結したことがメディアに取り上げられました。

2020.08.11

再生医療を手掛ける韓国CG Bio社が特許等を保有するBMP-2製剤「NOVOSIS Putty」の日本における共同開発および販売権を日本臓器製薬※が独占的に取得する契約を結びました。
米国・欧州などで広く承認されているBMP-2製剤は、腰椎変性疾患の治療法として確立されているにもかかわらず、日本での開発は遅れていました。
今回、テューンズファーマのサイエンティフィックアドバイザーである酒井医師から、本品の腰椎変性疾患の治療における必要性の説明を受けた後、国内開発に向けてCG Bio社と打合せを行ってまいりました。
今回の締結によって多くの整形外科の臨床医の方々から一日でも早い上市を期待する声が寄せられています。今後も酒井医師から助言を得て本品の開発を進めてまいります。

※テューンズファーマ株式会社は、日本臓器製薬株式会社の関連会社です。

掲載記事はこちらよりご覧いただけます。

  • 日刊薬業 2019年10月2日掲載[許諾番号20200812_01]
  • 株式会社じほうが記事利用を許諾しています。